今回は霊能者にまつわる相談と助言です。

この2年余りずっと数値が異常なほど高く、以前入信していた宗教団体で霊能者に相談した時には、「父方の公家の先祖が殺した沢山の武士の怒りの念が原因なので、その人たちへの供養とあなた自身の霊位向上で良くなる」と言われたので、言われた通り頑張ったもののなかなか良くならず、一生涯飲み続けなければならない高額な新薬を飲まなければならないかもというギリギリのところでいつも回避し続けていました。

その霊能者が『供養のために』と高額な商品や祈祷などを勧めているのであれば霊力がないのは確実です。そもそも怒りの念が原因というのも眉唾でございます。

まずは必ず医師に係る事

今回は術と巡りあってから初めての検査でしたので、採血やエコー検査の時に血黒石を握りしめ、よい結果になるように祈りながら臨みました。もし、今回も数値が悪かったら「健康の天霊」様をお願いしようと考えておりました
ので、予想外の結果に驚きましたし、嬉しいです。

私の高貴白魔術・天霊や染の蒼白で妊娠や病状改善の報告を頂くことは本当に多いです。しかし私はご相談をお受けした際に白魔術をお勧めする前に必ず『医師にかかった上で』と前置きをしてございます。魔術のみに傾倒することはリスクが高くよくありません

(例えば霊能師と名乗る者を信じて祈祷を捧げ、勧められた聖なる水なるものを飲み続け、インスリンを注射しないで糖尿病患者の子供が死亡してしまったというケースは非常に多いです)

我慢を強いるだけの霊能者は拝金主義者でニセモノ

勿論まだ予断は許しませんが、今回わかったことは、宗教で霊能者に言われた「肝臓
は怒りの臓器。あなた自身にわいてくる怒りの浄化をしなくては良くならない」とい
う呪縛により毒母へ無理に優しくして全て許そうと努力するよりも、術に母への怒り
の思いをぶちまけて発散させる方が効果的だったということです。
本当にありがとうございます。

苦しみ怒りをさいなまれる者に許せというのは簡単です。何も助言することなく我慢をさせれば良いので伝える側も楽でございます。ただ、それでは状況は一向に変わりません。

負の感情を持つことは人として自然なこと

怒り・苦しみ・悲しみ・喜びは人間が持って当たり前の感情です。であれば怒りや苦しみ等だけを我慢して許せというのは抑圧にすぎません。怒り、苦しみ、悲しみ、喜ぶのは人として当然です

逮捕さえされなければ負の感情など我慢等しなくても構いません。負の感情からする行動には私の助言も必要ですが怒りは全ての原動力。黒魔術にも良い影響を与えるだけではありません。

千条印蓮宗

PS

以下の関連記事も是非お読み下さいませ。

こんな霊能者はまず信用しないこと

占いを催促してくるメール・電話の占い師に注意

心の弱みにつけ込む僧侶にご注意を