ある術者様からのご相談の一部を抜粋します

性悪説とは善人への成長を目指すものだと学んだのですが? 自ら自己保身に走る行為は性善説ではないのですか?千条印様の唱える性悪説はまた別の意味なのですか?

はい。その通りでございます。

組織内では人は自分のことしか考えていない

これは間違いないと思っていて下さい。私が言う「性悪説」は会社や組織内(学友のライングループ間でも基本は同じ)では人は結局自分が一番です。こう考えていないと裏切りに遭うことが多くなります。関連するご相談も後を絶ちません。

貴方様の御勤め先ではよくよく人を見定めなければなりません。ここで一番弊害になるのは「人に尽くせば返ってくる」という道徳規範でございます。

常々助言していますが、これも人をよく選ぶ必要があります。

基本は貴方も自己保身に走って良い

聖人君主ではこの世は生きていけません。だからこそ貴方も自己保身に走るべきです。本当に多いのは「A男とB女が不倫をし、状況が悪化するとA男はB女を切り捨てる」「B女がA女に困ったことがあったら私に相談をして、と近づき、A女の好きな彼氏を奪い取り陰でAの悪口を言っていた」というケースです。

前者のケースはB、後者はA様は非常に優しく、だれに対しても実直でお仕事もお出来になるお方です。

※もし貴方様にお子がいる場合、幼少期から道徳区別の必要性は説いてやって下さい。学校教育の悪い面が大人になって出てしまいます。

貴方の優しさが活きるシーンは必ずある

先ほどの見出しで「基本は」と述べたのは人を選ばずに自己保身に走りすぎて他人を卑下したり平気で裏切るようになれば、貴方様から大事な人も離れてしまうためです

(職場内の人間は信用しすぎず、何かあったら責任を回避できるようにしておくことです)

貴方様は、貴方を大事にしてくれる人、本当に気にかけてくれる人に優しさを捧げてあげて下さい

千条印蓮宗