今回はある女性術者様のご相談の一部をご紹介します。貴女の恋人や夫が女癖の悪いタイプならご参考下さいませ。

愛するのではなく、愛される側になりたいという思いもあります。

彼に愛されるために愛するのではなく、愛されたら愛す

私の女性術者様のほとんどは「彼に愛されるために愛する」のですが、これは止めた方が良いでしょう。たくさんのお方からお話を聞いていると上手く行っているケースはあまりありません。

もちろんお付き合いする彼や夫にもよります。ただ私の魔術に導かれたお方であれば彼に裏切られ捨てられ途方に暮れてしまっている方が殆どです。

「彼に愛されるために愛する」のではなく、「愛されたら愛す」に変えて下さいませ。恋愛において、一方的な愛は重いだけでございます。

また、先に愛さないことで男に追いかけさせる効果があります。オスには「手に入りづらい者に魅力を感じやすいという狩猟本能」もあるので理にかないます。

※この「愛し方」にもコツやポイントがありますが別の機会に譲ります。

女癖の悪い男は、貴女に愛されたから貴女を愛してやろうとは本気で思いません。せいぜい「金も体も出してくれる都合の良い女」と思う程度です。

本件にまつわるご相談も非常に多いので間違いありません。

無償の愛も人を選んで与えていく

まずは彼を一方的に愛す必要はありません。まずは愛されることです。愛されるために男を愛すると私が絶対的禁止事項にしている「盲目的に尽くす」事に繋がってしまうためです。

尽くすこと自体は良いことなのですが、対彼氏であればその必要は基本的にありません。

尽くしたいときは必ず見返りを求めること。無償の愛も人を選んで与えていかねば良い結果にはなりません

愛されるには?

魔性でたぶらかす、気持ちを悟らせない、女性としての価値を高める。嫌われることを恐れないこと、尽くさないこと、金銭援助はしないこと等です

これらは他助言でも触れていますので是非ご参加下さいませ。

最後に・・・貴女は何も間違ったことはしていません。女性として、または妻として大変良く頑張っています。悪いのは相手。これも間違いありませんから気にしない事です

千条印蓮宗