今回のご相談は以下でございます。

情報起業の歴史と悪人について調べていたところ、サイコパスを解説したサイトに行き当たりました。すると、X氏がまるまる当てはまって驚いたのです。
他にも調べてみましたが、私の結論はX氏は十中八九サイコパスです。
一見するとすごい善人に見えるサイコパスの対処法を、先生の視点からご教示くださいませ。

猟奇的なサイコパスとはまた異なるので ビジネス面でお教えします。

自分が絶対に正しいと信じそれを曲げない人間

この1言に尽きます。情報商材を扱う人間で成功している者に多いです。どれだけ詐欺まがいの商材であっても『絶対に儲かる。儲からないのは貴方が悪い(からリスクを取ってもっと高額なコースを申し込め)』というのが定石です

いう事を信じないこと。これが最も効果的な対処方法です。彼らのいう事に耳を貸していると思うツボでございます。彼らにとって正しいことは貴方にとって正しいとは限りません。(正しくないと断言しても良いほどです)

カリスマ性を演出できる

大事なのはここです。彼らのやり方はともかく、絶対的な自信を持つことはカリスマに繋がります。もしあなたがビジネスをやろうと思ったら参考になるでしょう。人は自信をもった人間に惹かれる生き物です。

本当に自信がなくても大丈夫。あるように見せていくだけです。次第に自己暗示が掛かっていきやがては本物のカリスマになれるでしょう。これはとても重要な話です。