現役の方、薬剤師を目指す方への助言

私の女性術者様に現役の薬剤師様やそれを目指す学生の方がおります。そこで助言です。薬剤師は今後需要も多くなる職種ゆえとてもよいかと存じます。

患者のため云々より、会社がなぜ薬剤師を求めるのか

患者のために云々よりも会社や薬局がなぜ薬剤師を求めるのか。業界の闇を接点に 実務的な制度をよくよく研究すること。これは今から行って下さいませ。

薬剤師がいないと開局できない、登録販売士との比較・・・etcも考えていくと良いでしょう。この視点があれば就職に困ることはなくなります。

逆に純粋な気持ちをもって『高齢者のために』『患者のために』という献身意識と気持ち。事業者視点は大事ゆえ儲けるためにも持つべきなのは開業医です。

薬剤師もこの患者を救いたい気持ちはあってしかるべきですが、それだけでは職場内政治で失敗しすぐに退職するハメになるでしょう。

患者は薬剤師のアドバイス等求めていない

調剤薬局では薬剤師が『体調はいかがですか?』等言ってきますが、あれは会社の視点では相談料として計上請求できるため、ほぼ無意味なアドバイスを行っています。

患者視点では、彼らは医者のアドバイスを求めてるのであり薬剤師の助言など求めていません。

となると大事なのは『高齢者は助言ではなく話し相手が欲しいだけのか』といった思考を持つことです。

資格で食っていけるのは宅建と薬剤師だけ

薬剤師は、宅建保持者と同じで資格だけで食っていきやすい数少ない国家資格でございます。

女性向け:パトロンは薬剤師にも興味がある

また金持ちのパトロンも興味をひきやすいです。調剤薬局が今後需要が伸びて儲かることは分かっているためです。

 

以上のように 資格の利用価値的な思考と企業や金持ちがどう思うのかを貴方が考えてみて下さい。これは起業家の思考行動力を深める訓練にもなります。

千条印蓮宗