ヤドリビト(宿り人)とは特別な力をもってお人様を導き、助けてあげられる者のこと。私の術者様にも宿り人様は多くお抱えしています。今回はそんなヤドリビトの1人からのご相談の一部を抜粋し助言します。

※現在もスピリチュアリストとして活動している方も是非意識してほしい助言となります。

先生、スピリチュアル活動は長い目で考えて続けます。しかし、その前に「現実的」に「成功」している私にならないと説得力がありません。

成功してから、では成功できない

成功していなくてもスピリチュアルの世界で説得力を持たせて人を導き力を与えることが可能です。お金は後からついてきます。するとそれが”成功”になりご相談者様が益々成長し、だれの目に見えて現実的に成功するという形になります

よって、成功するまでは・・・と思い込んでいると逆に本来の力が発揮できないのでご注意下さいませ。

 

占い、カラリスト、祈祷師何でも同じでございますが最も重要なことを1つ、何度も繰り返していますがお教えします。世界に認められる条件でもあるのでヤドリビトは死守して下さい。これは義務といっても過言ではありません。

不安を煽ることは禁忌

頼ってくる人々は現状どうにもならぬ切羽詰まっています。ゆえに絶対に『このままだと●●』『過去の亡霊が●●』等と煽ってはなりません。彼らはあなたの一言で自殺するくらいの精神状態なのですから・・・

手法を間違うと人助けなどできない

どんなに優れた力を持っていても、手法を間違っては人を救い導く事など出来ません。短絡的には大きなお金になるかもしれませんが、やがて恨みを買い私のような魔導士の対象者になってしまうことでしょう。

現に、過去に被害に遭われた方が私に『あの祈祷師は殺してやる』と呪法施術を依頼をされ、実際に制裁をなした例も多く見ています。

千条印蓮宗

力のある霊能者・祈祷師~宿り人(ヤドリビト)