何をしても上手く行かない時は

最近あるご相談を受け私の術者様になられたお若き方がいるのですが、過去をお聞きしていると大変な思いをされていました。

裏切られ

詐欺に遭い

見放され

希望も何も持てない。

そんな方々は非常に多いです

私が導き助言をお与えする事の意味

希望を持て、死ぬなというのは簡単ですが、どうすればよいかを説いてあげるのが大事です。しかしこれが出来る霊能者は皆無です。

本術者様も実際どうしたら良いか分からないまま私に声をかけられました。

彼女は優しさのあまり悪意をもった人間達に騙され、霊能者から「先祖が怒っている」からと話をされたそうです。

そこで、魔道士の(一般的なイメージである霊能者の)私はまず彼女に

「不動明王、先祖、前世がどうのこうのは一切関係ないから 彼らの言葉に耳を貸してはならない」とお伝えしました。

まずは植え付けられたどうしようもない恐怖はまやかしであることを認識しなければまた裏切られ、適当な男に騙されかねません。

人は迷えるときほど、恐怖に怯え疑うことが出来なくなり思考がストップします。 この「恐怖」は実は何も怖くないのです

勇気をもって、やめていく

恐怖を取り去り、1つずつ私の現実世界で有用な助言を実行していくと必ず状況は改善していきます。

人によっては、改善すべきところが男女関係なのか、ラインの返信の仕方なのか、お金の使い方なのか、仕事なのか、経営判断なのか目下問題の大小含め異なりますが

勇気をもって「今までしてたこと」や「当たり前だと思っていること」を改めていくことで 人生は大きく変わっていきます。

魔術と助言はその一助になり、あなたを導いていきます。

それが宗教だのと批判されるかもしれません。それは悩みもない強い人間の理論ですから気にする必要性はありません。あなたが徐々に「強い人間」になれば良いだけでございます。

最初は私の言葉など信じられなくても良いでしょう。それでも、どうにもならなくなったら私の助言通りにしてみてください。

たった一度の人生です。どうせなら強者になりてこの世を謳歌するのも悪くありません。

大丈夫。希望をもって…