彼からいきなりライン等が来た時、なんて返して良いか分からないといったご相談は非常に多いです。「会いたいって伝えたいけど今はその時じゃないかも」「なんて答えてよいか分からない」そう思った時は・・・

相手の出方を探るため短文で返信すること

相手が何を考えているか文面から分からない時は ひとまず一言の返信で終わらせるのが正解です。

例えば数週間ぶりに連絡がきたと思ったら何事もなかったかのように「こんにちは☆」「元気?」とラインが来たら「うん」「どしたの?」等の一言か、スタンプ1つで終わらせてみる。この段階で心理戦が始まっていると思って下さいませ。先に感情をさらけ出した方が負けです。

彼も同じように貴女の機嫌を伺っているかもしれませんし、貴女に会いたい、抱きたいと思っているかもしれません。貴女から先に彼の思いに答えてやる必要は全くありません。出方をうかがいましょう。その結果ラインが途切れてしまっても大丈夫です。

言葉は短いほど相手の想像力を掻き立てる

短文で返信すると彼は貴女が何を考えているか分かりづらいです。逆に、彼から短文でメッセージをもらうと貴女も彼の気持ちが分からず気になってしまいます。

逆のことを彼にして「気にさせて」あげましょう。
貴女が気になってしまうと自分からアレコレとしゃべってしまい気持ちも見透かされてしまいます。

文章(言葉)は短いほど相手の想像力を掻き立てる効果があるので知っておいて下さいませ。主導権を握るポイントになります。

千条印蓮宗

PS
本来はこんな心の読み合い等しない関係が理想ですが、中々そうもいかぬもの。何万ものご相談を見ていますと「読み合い」をせず男に都合よく振り回されてしまうケースが多いです。

彼と仲が良くても 無条件に気持ちを全部さらけ出すのは控えて相手の態度や考えをよく読んでいきましょう。

貴女も「間と心を読む癖」を付けておくと恋だけでなく仕事にも役立ちます。