Q 性犯罪被害に遭いました。このことは警察に通報しました。でも、性犯罪は刑事沙汰にすると女の子が傷つくだけだからオススメできない、と言われてしまいました。私は絶望しました。日本警察がこんなに頼りないものだとは思いませんでした。

刑事沙汰にしない=それは犯人に前科がつかないということ。性犯罪者が何の罪も問われずにのうのうと生きているなんて許せないです。私は必死で戦いました。でも結局、ヤリマン、尻軽扱いをされ、しかも誘ったのは私みたいな言い方をされ、犯人にもこれ以上騒ぎを起こすと裁判を起こすと脅され、結局慰謝料も何も払ってもらえないまま、2人は警察に注意されただけで前科も何もつかず、今では幸せに暮らしています。

悔しいです。なんで私だけこんな目にあうんでしょうか?性犯罪って女性が一方的に悪いんですか?男性は悪くないんですか?男性は自分の性欲を満たすために女性を犯して、それが許されてしまうだなんて。現状、日本の性犯罪の9割の女性は泣き寝入りしているそうです。こんな不公平なことってあるのでしょうか。

A お気持ち察するに余りあります。性犯罪で被害者は悪いというこは絶対にありません。悪いのは男に決まっています。この記事を書いているだけで私が頭に来てしまいます。この輩は地獄に落ちても生ぬるいと言えます。

以下では性犯罪被害に遭われたとき、警察の動かし方等をお教えしますのでご参考下さいませ。

面倒くさがりの警察を動かす言葉

photo-b

まず警察は面倒くさがりです。社会的に関心のない事件や大変なわりに手柄にならない事件は及び腰です。警察を動かす言葉としては「被害届は出す。示談は絶対にしない」と強く主張すること。

警察としては刑事事件で処理して有罪にしようとしても、被害者と加害者が示談をしてしまえば不起訴になりポイントにならないことを恐れています。

一番困るのは相手。罪名と実名が一生ネットに残り続ける

刑事事件に発展し起訴されれば、相手は実名で、かつ強制わいせつ等の罪名が一生ネットに残ることになります。これは、ある意味前科がつくよりも大きな制裁です。

相手は「裁判にしたらお前がさらし者になる」等と言ってきます。しかし裁判になって一番困るのは相手です。警察沙汰にする前に話す機会があればスマホの録音機能をONにして謝罪と賠償は求め、その時に「罪名と実名が一生ネットに残り続ける。検索されたら一発だ」「刑務所では性犯罪者はイジメの対象になる」「仕事も家族も失うのはお前だ」だと恐怖を植え付けて下さいませ。

bar

(被害者はネットに実名等は当然残りません。裁判や被害者聴取では被害状況を細かく説明しなければいけませんが公表されません。それに本格的な聴取には女性検事(刑事)が対応してくれるはずです)

黒魔術で制裁を与える事も可能ですが、親や弁護士を通して示談を持ち掛けてみても良いでしょう。それでも相手が応じない場合は(出来れば弁護士同伴で) 即警察です。刑事事件にしたら次は民事で責任を取らせる・・・つまりお金を絞り取って下さい。

お金では何も解決せず、貴女が受けた傷は癒えることはありません。しかし黙って泣き寝入りでは私も貴女も面白くありません。

笑っていられるのも今のうち

hitogata

犯人には制裁が必ずなされます。私の黒魔術で死んでもなお苦しみを与え、犯人の大事なものをすべて破壊します。絶対に許すべきではありません。

被害に遭われた貴女様に掛ける言葉が見つかりません。

千条印蓮宗

PS

大変なわりに手柄にならない事件は及び腰だ、と先ほどお伝えしました。この逆で警察が喜ぶネタは例えば薬物事犯です。売人を検挙出来れば大きな成績になりますし、芋づるで他利用者も逮捕出来るためです。

もし貴方が嫌いだったり目障りな人間が近くにいて薬物に手を出している者がいれば通報してみて下さい。

 

以下関連記事となります。

【朗報か】慰謝料・賠償金の取りはぐれを無くす