先日、投資話を身内から持ち掛けられた術者様より相談がありました。この手の話は非常に多いので助言をしたく思います。

投資金額に対して利率10%を超える案件は警戒すること

例えば500万の出資を求められたら儲けが50万以下か否かを見ます。利率10%を越える投資は玄人向けです(優秀なヘッジファンドでも年利10%以上は上出来とされる数字です)。

ただ単にお金を出して待っていれば10%付いて返ってくることは無いと思って下さい。

「2倍になって返ってくる」等言われたら話は問題外です。流してしまいましょう。100%詐欺です。

「配当保証」を謳う商品も危険です。海外のリゾートやホテルが対象の投資にありがちですが、配当保証と言われたら「口数を買って投資したら、いつでも売却できるのか」と聞いてみてください。

出口戦略が取れない投資は投資ではありません。

「会社が買い取る形で配当を出す」と言われても、持ち掛けた側が儲けないとなりませんから投資家が元が取れないようになっているのが普通です。

また、「買い手がいる、決まっている」類の話も警戒しましょう。決まってる保証はなく、話で盛り上がった際の口約束と思った方が良いでしょう。

口約束は論外。必ず相手にもリスクを追わせる事

bar

投資に乗る場合は相手の人間性や仕事、相手に失うものがあるか等を調べて必ず書面を交わして下さい。

身内であっても口約束など論外です。相手にも、必ずリスクを負わせて下さい。何かあった時に泣くのはあなた様です。

儲け話の原点は「持ちかけた側」だけが儲かる

そもそも論ですが、『儲け話』は話を持ちかけた側が一方的に利益になるのが基本です。持ちかける人間が「俺もリスクを負う」等言っても鵜呑みにしないこと。

自分の欲が強まっていると自覚すること

hitogata

投資に興味を持つ=必要以上に欲が出ている状態です。投資というのはお金持ちほど儲かります。『遊び金』で失っても良いお金だからです。

投資は裕福層の資産防衛かマネーゲーム。つまり余ったお金でやる遊びでございます。

老後資産、学費や生活費など取っておかねばならないお金や唯一の貯金を原資にすると、投資以上に『自分に』負けて必ず損をすると思って下さい。

通常はお金というものは他人に任せることなく、目的意識を持って自己投資をした方が結局お金になります。

『お金がもっと欲しい』と欲が強まっている時ほど甘い話が舞い込んできます。注意して下さい。

以上ご参考下さいませ。
千条印蓮宗