夫に浮気され修復を望んでいるも夫が許せない・・・そんな女性は非常に多いものです。そこで今後、貴女様が採るべき戦略は2つでしょう。まず1つは・・・

方法1 女に妻アピールを繰り返し離婚は絶対にしない

敵は夫ではなく、浮気相手の女と捉えて行動していくこと。夫と接しながらも常に女への攻撃になると思って行動することがポイントです。例えばSNSやライン、夫の私物に女が何となく分かるような「種」を仕込み、女に『奥さんだ』と分かる痕跡を残す。

女はあなたの夫に『別れて欲しい、彼と結ばれたい』と思っています。そこを逆手にとり妻アピールをし続けて挑発していきましょう。

コツは、あからさまでなくても女に『奥さん(貴女)が・・・』とそれとなく感じさせ続ける事です。この方法の良い所は夫に女がいる事がハッキリしていなくても大丈夫という点です。

※なお、夫婦でなくてもライバルが多い恋人を手にしたい時には有効な考え方です。試してみて下さい。

絶対に夫だけを見ない事

よく、浮気防止策として女らしさをアピールして夫の心を取り戻すという方法論が語られます。

これも浮気防止には大事なのですが、夫の気持ちを引き寄せるより夫の浮気相手を嫉妬させて自滅に追い込んだ方が近道です

ベストなのは方法1と同時に夫に女性らしさを意識し接する事です。浮気を繰り返す夫は「恋愛欲求」が強いためです。

方法2 夫を敵とみなす。気迫で圧倒しながら恐怖で支配する

続いては方法2です。DVを受けて復縁の気持ちもなく夫に死んでほしいと思っている場合はこちらを採用しましょう。つまり夫は夫でなく、獣。ただの動物で小うるさい鼠だと思う事です

貴女は夫に対して

遠慮もしない。
気も使わない。
気に入らないなら(言葉の)暴力に頼る。
反撃に出られたら即警察を呼ぶ。(自分を棚に上げて下さい)

etc

何でも構いません。逆DVをしていく位の気持ちは欲しいところです。なぜなら夫は敵であり獣だからです。散々我慢して虐げられるのでは「面白く」ありません。

以下DVの記事でも述べていますが、DVを行う者は実は弱いものです。何でも言う事を聞いて『自分を怒らせまい』とする貴女を恐怖で支配できると思い込んでいます。外面がよくて家に帰ると暴力的になる男はほぼこのケースです。

以上ご参考下さいませ

千条印蓮宗

更新・夫のDV対策