最近学生からのご相談も散見されますので助言をしたいと思います。これは貴方様が子の親である場合にも是非意識して欲しい内容です(お子様に伝えてあげて下さい)

その人間はあなたにとって大事な人か

周りと合わない、●●さんが何を考えているか分からない、と悩む女の子はとても多いものです。

さて、貴女様にとって「その人」は大事な人でしょうか。

なんとなく疎外されたくないから一緒にいる、「友達か分からないけど、トモダチっぽい?」と何となくな感じを持っている・・・

こういう場合、その『友達』は友達ではないと思って下さい。

人はえり好みをすべし~友達は薄っぺらな100人よりも濃い1人

人には相性があります。無理に友達を作る必要はありません。相性が良くない人間と付き合わなければならぬのは社会に出てからです。学生の間でも人選は大事です。堂々とえり好みをして下さい。貴女が好きになれる人だけ友達になった方が絶対に良いです。

人を選ばずに仲良くなりたいと思っていると「弱さ」が露呈し、ラインを無視されただけで疎外感を感じでしまったりイジメの対象になりやすいです。

bar

人選については、何回か話したり会話を聞いていると「あの子は無理」と分かるようになってきます。

しばらく仲良くして「やっぱりだめだ」と思えば切ってしまうこと。表面上の付き合いに戻したりライン等は最低限。自然消滅を狙いましょう。

「友達100人出来るかな」という児童向けの歌があるのはおそらく日本だけです。友達を100人も作る必要があるのは政治家だけです。あなたにその必要はありません。

学校を卒業すれば100人の友達は5人に減り、大人になっても付き合えるのは1,2人です。

友達は、薄っぺらな100人よりも濃い1人です。

嫌われたくない・・・これがあなたの抱える闇

女の子は社会(学校)の中で疎外感を強く感じやすいです。貴女も誰かと一緒にいないと気が済まないと思っていませんか?だからこそライン等で付き合いたくもないグループに属して「嫌われたくない」と必死になってしまう。

お気持ちはとても良く分かります。ただ、今日から嫌われることを恐れる必要はありません。

その方が振る舞いも楽ですし、貴女と本当に相性の良い人間だけが近づいてきます。表面上の付き合いをする必要もなくなります。

千条印蓮宗