千条印のコンサル助言~独立してマッサージ店を経営したい

マッサージで独立したいという方も多いのであるご相談を引用しながら助言します。ご参考下さいませ。

先に店の研修を受け、最低限の技術等を身につけ、合格して店に登録して貰い、少しずつ経験しながら、本当にやって行けそうか、試してみる事が先決か… それとも資格取得のためにスクールに通う方が先か、悩ましいところです。

その狙う資格を持つことで 営業そのものができない等であれば資格取得は最優先です。しかしそうでない場合、会社側が勝手に創作している資格ならば後回しです。

スクールに通う費用約100万円は、そのまま事業資金にできると思えばおいそれとスクール通い等できません。費用対効果の視点を必ず持ちましょう

その前にまずご相談者様が”この業界に向いているか”を判断しなければいけません。

最初は、店で修行するか資格を取るか

前者です。適当な店舗で3か月以上働いてみて ”これはいけそうだ”と思ったときに資格を検討しましょう。それも国家資格なのか民間資格か、その資格がないとだめかどうかも重要な点ですが・・以下に続きます

複数の現役の方からの助言に基づき、民間資格にはなりますが、役立つと言われる3つ程を取得し、自身の基礎とするつもりですが、先に資格を取るべき…と皆さん言われます。

これは将来、人を雇う時などにおいても、色々な機会で、自身の基礎・基準となるものが必要だという事からも言われております。

昨夜、この道50年以上のベテラン女性、本当なら私の右腕として支えて貰いたかった方ですが、私へ話があるとの事で、伺って参りましたが、この道に入るのを止められるかと思いきや、最後は背中を押してくださいました。

以前から、先生と同様に、私は経営に意識を向けるべきだと、言われて来ました。しかし、その前に、民間資格でも構わないので、資格を取得し、キチンと勉強する事は必須だとも…

それも大事です。ただし貴方様は凄腕のマッサージ師”ではなく”経営者にならねばなりません。ここが大事な視点です。

資格を目的にするよりも、業界全体のこと・経理や営業の仕方を学ぶ方が先決です。それらを学びながら技術もある程度習得していきましょう。

そうすれば独自性の出し方や「当然と思われていることを当然と考えない方が上手くいく」といった感性も磨かれていきます

資格はコスパで考えること

経験を積むことがダイレクトに資格取得につながるのであればいきなり資格取得でも良いと存じますがペーパーテストだけ実技は適当なものであれば 資格は後回しです。

基本的に民間資格は取得が今後あなた様にどう影響するか、どんなメリットがあるのかは要チェックです。なんとなく将来便利そうだからという理由で資格は絶対に取ってはなりません

経営者になるべきか施術師になるべきか

ご相談者様が施術師になってしまうと1店舗展開、繁盛して終わりです。
それでは独立する意味があまりありません。

※貴方がマッサージ師として生計を立てたいならば1回の施術で万単位でお代を取る等、高級志向なブランディングをして売り上げ単価を伸ばす必要はあります。

例えば”楽シンゴ”氏が良い見本です。この高級路線を採用すべきかどうかもまずは他人の店舗で働いてみないと分かりません。

※高級路線で複数店舗を経営するという展開もアリですがその場合でも「貴方の顔」を売るブランディングが必要です

最も重要なこと

大事なのはその業界に向いていないかもと思えば撤退も視野に入れることです。(ご相談者様が好きかどうかではありません。向いているかどうかでございます)

※向いていなくても「お金になりそうだ」と事業展開をして成功する実業家もいますがかなり難易度は高めなので参考にすべきではありません。

また、自分は表に立たず将来性だけでその業界でお金儲けがしたい時は投資家になるべきでしょう。

諸費用は安く。バイトをしながら盗めるものは盗む

100万弱の費用と、数ヶ月の時間を費やしますので、大変ですし、直ぐに金を用意出来ないため、退職した後、暫くして支給される、幾ばくかの退職金に手を付けなければ不可能です。

退職と同時に動けず、時間のロスや悩ましさなどあり、そこは妻の理解と協力を得ながら、将来のために乗り越えなければなりません。

軍資金はなるべく借金をしないことで撤退時のリスクをなくします。200万は業界店舗のアルバイトで貯めると良いでしょう。その他の援助等を含めて1年はかかると思います。その間に盗める情報(業界話・人の使い方・コスト・経営手法等)は全部盗みます

物件探しもまたご助言しますがマッサージ屋は人数を裁くならオフィス街、 1回1回を高級にするなら主婦を狙っての住宅街でもよさそうですね。 また、場所は地下でも最上階でも良いわけですしテナント費用は飲食店ほどは掛かりません。

マッサージ店は飽和状態だからこそ

資金力がある大手も多いので、1時間3000円のようなクイックマッサージはまず成功しないと思ったほうかよいでしょう。

独自性をどれだけ出して単価を引き上げるか、もアルバイトをしながら考えましょう。※入店先はクイックマッサージ屋でも構いません。

スタッフの施術レベルを高くする→高級ホテル等も顧客になるかもしれませんね。ただ求める施術レベルはよほどの高級店でなければ普通でOKです。高みを目指しすぎると経営はできません

秘匿性を高くする→愛人カップルや芸能人等のお忍び客を狙います。同業は少ないので高単価も狙えます。看板等は出さずに口コミをメインに集客します。店内も他の客とばったり合わないような造作に。

ひたすら単価を安く→これはNGです。勝ち目はありません。顧客もクイックになれてきているので目新しさも出せないでしょう。(旅館やホテル、公官庁内部での出店にまで食い込めれば別です)

等など色々考えられます。なお関連助言もぜひお読みください

あなたの天職とは?