0~1歳児からの幼児教育で必要なこと

 

やはり先生はすごい方だと実感しています。息子の言葉遅れですが、先生にメールさせていただいた後しばらくして、原因が何かがはっきり分かりました。息子は1歳過ぎた頃から教育テレビなどを見せすぎてしまったようです。

さらに私が英語の教育もしてしまったため、息子の脳に悪い影響があったようです。健常児に産まれても、そのようなこと(早期英才教育や電子音と映像)から自閉症のような症状が出るらしいのです。そのことが書かれた本に出会い、著者の先生ともコンタクトを取り、今、テレビや電子音のない生活をしています。

少しづつ息子も改善しております。原因が判明するように導いてくださったのは千条印先生に違いないと思っております。もう少し遅れていたら取り返しがつかないことになっていたかもしれません。本当にありがとうございました。<中略>

何よりも親とのコミュニケーションが大事

英才教育等、親としての気持ちはよく分かります。ただこの年齢で最も重要なのは親とのコミュニケーションです。教育TVも悪くないのですが話しかけ、読み聞かせた方が良いのは確実です。

子供は親の表情もしっかり見ています。TVで流ちょうな英語を聞かせるよりも、つたなくても親が英語を話してやった方が教育上は良いでしょう。

語学面では英語の前にやはりしっかりとした日本語でございます。

子供の世界は絶対に否定してはならない

息子は私のことが好きな反面、すぐに1人の世界に入ってしまいがちなのです。アドバイスいただけたら嬉しいです。

爆弾を作っている、凶器に興味を持ち始めた・・・といった”世界”であれば注意をしてあげねばなりませんが、そうでない・・・例えばよくあるのが絵画、歌などに勉強も忘れて没頭することです。

普通でない事を良しとせよ

それが奇異に感じることであっても子供にとっては大事な守るべき自分の世界です。言いたいことはぐっとこらえるのも大事です。子供が持ち始めた自分の世界は基本は許し傍観してあげること。

静観することと放任とは異なりますので日常すべきことなど教育とシツケはしっかり行えばあとは放置で良いでしょう(手助けをしてやるのも1つです。お絵描きならノートとペンを何も言わずにそっと置いておいてあげる等)

ご参考下さいませ

千条印蓮宗