今回は受験生を持つ親御様(術者様)からのご相談です

受験が終了後、次男が不登校になっています。一度は行ったんですが、朝学校に行く時間になると、頭痛や腹痛がして、泣いたり暴れたりするのです。先生がイヤだ、とはいうものの受験もあるし行かなくて良くなるとか、友達に言っていたそうです。

受験の疲れかなあと思ったりはしますが、いつから登校刺激をして良いものか迷いますし、このまま3月まで行かないと、せっかく決まった私立中学も行けないのではないかと、心配しています。

千条印様以外に相談できるところもなく息子のこととなると本当に分からなくなってしまいます。

休んでも良い期間には区切りをつける

ご相談者様の場合はいじめ等ではなさそうな印象ですね。ただ3月までの不登校、なにもしないのは長いという印象ございますし、中学に行っても嫌な先生にあたったときに同じ理屈で休みかねません。

また、勉強できていれば登校なんて必要ない等、高飛車になってしまいますので休んでよいのも期限をつけましょう。

学校に行く方が楽だと思わせる

学校に行かなくても良い合理的な理由があれば自宅学習とお仕事や家事の手伝いをさせる形で”アルバイト”をさせるべきでしょう。(あるいは短期で留学です)

”学校に行かないなら勉強も●●もやってもらう。だから学校に行った方が楽かもよ?それでもよい?”等と言ってみて下さいませ。自営業者であれば親の仕事を少し教えてやるのも良いですね。

言ったからには有言実行です。親が口だけだと舐められます。

子供にいらぬ暇を与えるとロクなことになりません。

人間関係の捌き方などの心得も教えてあげる

嫌な先生に当たったときの”捌き方”や人間関係の構築方法も同時に教えてあげましょう。これらは体験しながら学ぶものですが直接教えてあげることも大事です。本ブログもぜひご参考下さい学生向けの配信もございます

何か助言などあればよろしくお願いします。元の願意とは違うのですが、私の呪う気持ちの根底ではあるので、相談に乗っていただけたらと思います。

術者様の場合、呪い以外の事でも何かあれば個別にご相談下さいませ。ご状況に合わせて先を見越したベストなご助言もいたします

千条印蓮宗