<追記あり>例えば彼が食事に連れていってくれると言いだしたり、ラインを相手からして愛してると言ってくれたり・・・そんなときの貴女の取るべきアクションは

存分に感謝を伝えること。愛しているに対してもありがとう♡で返す。(毎回です)

貴方の彼は 甲斐甲斐しい女が好き。ならば演じてやる

それも魔性の女の作法の1つです。ぜひお試しを・・・なお反対に、甲斐甲斐しい女に彼を盗られてしまったというご相談もかなり多いので注意していきましょう。

追記:効果的なフレースで堕とす

いつもありがとう」これは爆発力のある言葉です。多くの妻は慣れすぎていて夫にはまず言いません。貴女が彼に何かをしてくれた時には常にその都度りがとう、そしてたまに”いつも”ありがとうと言ってあげましょう。

プレゼントをもらったら全力で喜びを伝えて下さい。これで次につながります。

なお、ありがとうございますはいけません。敬語ではなく、ありがとうというのがポイントです。

ございます口調がダメな理由

距離感が縮まらない、つまり獲物に近づけないからです。

ただ、『ございます』が有効なのは狙う男が年上の会社上司の場合です(会社から出たら、あるいはライン等誰も見ていない所では徐々にございます、を無くしていきましょう)。

店舗などの若い目の店長などであれば上司であっても数ヵ月したらありがとうの場面から徐々に『ございます』を控えていきましょう。

要は距離感を演出せよ、ということです。

狙う女性側からも、狙われる男性側からも、敵の側にまわっている者から等様々なお立場のお方からご依頼やご相談をお受けするので『事情』は良くわかります。

(私がお支えするのは最初にご依頼を頂けたお方のみです。いわゆる早い者勝ちでございます。)

さて話を戻します。

それだけではダメ

大事なのは”狙って”甲斐甲斐しい女を演じることです。そうすると相手の心を先読みする癖がついていきます。

甲斐甲斐しい行動は本気でやり続けると恋する乙女になりがちです。貴女様はハンターにならなければいけません。彼は獲物です。

ちなみに・・・

男はえてして、どこまでも馬鹿な生き物です。これも覚えておきましょう。(男性の皆さまには申し訳ございません。しかし、何歳になっても10歳から成長しないのが男という生き物なのです)

千条印蓮宗