奥さんに脅され、訴えると言われたら?

ここでは『慰謝料を請求された時』及び『周りにバラすと脅迫された時』に絞って解説します。

Q 奥様から訴えられた場合、慰謝料を払わなければならなくなった時の事を心配しています。

慰謝料は払わないで良い

別の記事でも触れていますが、実質、慰謝料や損害賠償などは払わずに逃げる事が出来ます。慰謝料認定と口座や不動産の差し押さえは別手続きとなり実効性がほぼ無いためです。

本記事投稿時点ではマイナンバー制度の適用範囲外ですから口座も新しく作ってしまえば調べる事も実質不可能です。

無視することが怖い時は『払いたいけど払えない』等と主張して 例えば300万を請求、認定されてしまった場合は月に1000円ずつなら払える等と言って払う意思を一応見せておきます。それでも煩い場合は自己破産を匂わせてください。破産した者からは何も取れません。

ただ、これでは当然相手も納得はしないでしょう。

ここまで話が進むことはあまりありませんが、相手も少しでも払ってもらった方が良いと考えますので慰謝料の減額も提案してくるかもしれません。

相手は女。感情で動くことが多いので慰謝料の話がまとまったら熱が冷めないうちに契約書でもなんでも良いので書面にしてしまいましょう。

もし妻が貴女を脅して来たら・・・

親や会社に関係をバラすと脅されたら、同じことしてやります。相手は『ばらされたくなかったらお金を払え』と思っていますが貴女は『ばらされたくなかったら穏便に済ませましょう』という態度で臨むと良いでしょう。

不倫がばれてまずいのは相手も同じであることが多いです。世間のイメージも良くないですから逆に武器にも出来ましょう。

『私も全部、彼や奥さんの親や職場にも言ってちゃんと説明します』等と言えば良いでしょう。

彼や周りも巻き込むとどうなるかを相手に想像させてやると良いかと存じます。肉を切らせて骨を断つでございます。

大事なのは開き直って弱みを見せないこと

いずれにしても、相手に弱みを握られていると思われない事です。貴女が弱みを握る分には良いのですが、握られると相手の攻撃はエスカレートしてきます。

この側面はいじめや隣人問題では特に顕著です。貴方が謝っても済まない時は開き直り攻撃に転じるのが最大の防御と言えましょう。

千条印蓮宗