Q 千条印蓮宗先生 いつもブログで勉強させてもらっています。Xです(女性) つかぬことをお聞きしますが拷問のやり方をよければお教えくださいませ

一番効果的な方法は

拷問以上に重要なことをお教えします。まずはご質問への回答ですが肉体的な苦痛を与える必要はありません。相手に恐怖を与えれば良いだけです。色々な方法がありますが、例えば包丁等を持って相手に見せながら

・薄い傷を何度も皮膚につけていくといいんだって(相手自身への恐怖)
・妹さん。今年就職なんだよね。ちゃんと会社にいけるといいね(大事な者を壊される恐怖)

等、囁いてやる。

もちろん実際に肉体的苦痛を与える拷問はやってはいけません。その前にやる必要はありません。なぜなら肉体的苦痛は慣れてしまうので人によっては耐えられます。しかし恐怖だけは耐え続ける事が出来ないからです。

恐怖を与えていくと心と体を支配できます。DVをする男をよくみると分かります。女性に暴力で恐怖を与えながら、時折優しくする。これで女性は逃げられなくなってしまいます。

恐怖は人を動かす

拷問の方法というよりも、ここを押さえておきましょう。政治でも恋でも何でもそうなのですが恐怖には人を動かす大きな原動力があるということです。

よくご相談を頂く恋愛のお話では『彼に好かれたい』という欲望よりも『彼に嫌われたくない』という恐怖の方が勝ってしまいます。すると彼の言うことは何でも聞いてしまい、都合良く扱われ最後には捨てられます

もしあなたが誰かに苦しめられたら、本当にそれが『恐怖を覚えるべきことなのか?』を冷静になって考えてみると良いでしょう。
恋愛で言えば『彼に嫌われたくない』という恐怖は、実際には嫌われないのに思い込んでしまっているだけ、というケースが多いです。

DVも然り。本当は自分は弱いのに、何も言い返せない貴女を恐怖で支配しているだけの場合も。強い男はDV等絶対にしません。

ご参考下さいませ

千条印蓮宗